会長挨拶

2021-22年度 会長方針

「みんなで創造しよう 地域に根差したロータリー」Community based rotary

 

chairman-photo120-2021
東京昭島ロータリークラブ
第56代会長 会長 日惠野 裕之

今年度、RI会長シェカール・メータ氏のテーマは、「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」です。
第2750地区ガバナーは、三浦眞一氏は、「奉仕の心でつながろう 地域と世界と」をテーマとして掲げました。
 
入会5年目に社会奉仕委員長を任されたとき、どの様な奉仕活動が出来るか、委員会メンバーと共に会議を重ね、熟慮の末、委員会メンバーが関わりを持つ合唱サークルに依頼し、昭島市及び近隣地区の皆さんを対象に「地域コンサート」を開催致しました。当日、ご来場頂きました多くの方が、笑顔で音楽を楽しみお帰りの祭には、「良かったよ!」「またお願いします!!」等の感謝の言葉を頂き、奉仕活動の喜びを味わえたことを想いだします。
 
今年度のテーマは「みんなで創造しよう 地域に根差したロータリー」です。地域の皆さんに、奉仕活動を通してロータリーを知ってもらう。又私たちは、地域の逸材を探し、卓話講師としてお招きし、地域との交流を深める等、一方通行では無く、互いに認め合えるような、地域に密着したロータリーを示したいと考えています。
未だ収束の兆しが見れないコロナ禍での活動ですが、感染予防に充分注意し、ロータリーの両輪である、親睦と奉仕を、各委員会、各チームの皆さんの英知を結集して積極的に行って参ります。会員の皆さまのご支援、ご協力をお願い申し上げ、会長方針とさせて頂きます。一年間よろしくお願い致します。
 
重点事業
・昭島クラブの認知度を上げる為の事業
・地域、行政、各種団体との交流を深める為の事業
・会員相互の親睦を深める為の事業